Nielex ADVANCED CARROZZERIA

NCEC5速ミッションSWAP(for NA/NB)改訂版


NCEC5速ミッションSWAPP ☆拡大写真はコチラから☆

NCEC5速ミッションSWAPP ☆拡大写真はコチラから☆

NCEC5速ミッションSWAPP ☆拡大写真はコチラから☆

NCEC5速ミッションSWAPP ☆拡大写真はコチラから☆

NCEC5速ミッションSWAPP ☆拡大写真はコチラから☆

NCEC5速ミッションSWAPP ☆拡大写真はコチラから☆

NCEC5速ミッションSWAPP ☆拡大写真はコチラから☆

NCEC5速ミッションSWAP(for NA/NB)
改訂版

¥200,000〜+税(2018年2月現在)
※新品NCEC5速ミッションをNA6・NA8C・NB6Cのミッションケースに移設する価格で、車体からミッションを脱着する費用は含まれません。

車種:NA6CE・NA8C/NB6C・NB8C

ロードスターの5速MTは、NA6CEからNCECに至るまで3代続けて同じ型式を搭載してきました。
しかしその中身は、時代の変化に要求される品質に適合すべく改良され続け、大きく進歩していたのです。
NA型からNB型へモデルチェンジの時は、1〜2速へのダブルコーン・シンクロが採用され、NA型では渋かった2速へのギアチェンジが滑らかになりました。
NCEC5速では更なるシフトフィールの熟成と、2Lエンジンに伴う高トルクへの対応のため、1〜2速へのトリプルコーン・シンクロ、3速へのダブルコーン・シンクロ、4速へのカーボン・シンクロ採用の他、シフト操作系の低フリクション化等の改良により、手のひらに伝わるメタル系のザラザラ感が低減され、小気味よいシフト操作を実現しています。
最近の傾向として、NA型は20万km酷使したミッションを交換するニーズが高く、手持ちミッションのオーバーホールやNB6Cの中古ミッション載せ替え、あるいはNB8C6速MT載せ替えで対処しているのが実状です。
にも拘らずNB8C6速MTも新品が入手困難な現状で、長期保有するためのネックとなっています。
特にNB8Cの6速MTは発売当初よりシフトフィールやギア比の関係で、評価は高いものではありませんでした。
1速はスーパーLowのため発進後すぐに2速にシフトアップしなくてはならず、正直めんどくさいため回転を上げて2速で発進するようになります。
加えてオーバートップの6速は高速道路における省燃費巡航専用シフトのごとくトルクが無く、使い勝手が良くないのです。
ニーレックスではすでに5年前より新品NCEC5速MTをNA6CE〜NB8C6速に流用するメニューを確立し、多くのNCEC5速MT SWAP工事をこなしてきました。
そして顧客満足度は最高レベルに達していると自負しています。
更に特筆すべき傾向として、NB8C 6速MTへの決別とも言うべきNB8CのNCEC 5速MT化の動きでしょうか。
当社ではすでに数例のSWAP事例があります。
それではNB8CのNCEC5速MT化のメリットは何でしょうか?
それは1速ギアからシフトアップした時に、スムースかつ効率的にトルクバンドを外さずトップギアまで繋がることです。
その結果各ギアのトルクバンドが広く・忙しくなく・息の長い加速が続いてくれます。
それともう一つ、NCEC5速MTは2Lエンジン用の高トルク対応ミッションである点です。
1.8LのNB8Cはもちろん、ハイパワー・チューンド エンジン搭載車にも最適な選択です。
このNCEC5速ミッションSWAPは、NA6CE〜NB8Cのミッションチューニングアップの最高メニューだと断言できます。
注1)
NCEC5速ミッションSWAPにはNA・NB6Cの5速用ミッションケースが必要です。
特にNB8Cの場合は、事前に中古のNB6Cのミッションケースを調達する必要があります。
注2)
走行ステージによってはデフ・ファイナル値を変更する必要があります。
注3)
上記新品メニューの他、中古NCEC5速ミッションSWAPも取り扱いしますが、中古ミッションは持ち込みが前提となります。ご相談ください。



前ページにもどる