Nielex ADVANCED CARROZZERIA

ロードスターパーツ


NCリフレッシュメニュー3 NEW


NCリフレッシュメニュー3) ※フロント用サスペンションアーム(RX-8用)を導入
☆拡大写真はコチラから☆

NCリフレッシュメニュー3 リア用サスペンションリンク(RX-8用)+リアクロスメンバー改造+RX-8用デフマウント
☆拡大写真はコチラから☆

NCリフレッシュメニュー3

NCリフレッシュメニュー3

NCリフレッシュメニュー3

NCリフレッシュメニュー3 RX-8用デフマウントの腕は肉厚でラバーマウントのゴム硬度が高い
☆拡大写真はコチラから☆

NCリフレッシュメニュー3
☆拡大写真はコチラから☆

NCリフレッシュメニュー3

¥315,000+税
《2019年1月現在》

※上記金額には部品代・リアクロスメンバー改造費・アライメント測定代・交換工賃が含まれます。
※タイロッドエンドの同時交換は部品代(\7,840/2個)が別途加算されます。
※当メニューはニーレックスでの作業に限らせていただきます。
※事前に予約が必要です。

車種:NCEC全車

長く乗り続けたいと願うNCユーザーのために究極のサスペンション リフレッシュメニュー3を提案します。
NCECはRX-8のシャーシを基に開発されました。
ボディ性能はクローズドボディとバスタブ形状とでは比較の対象とはなり得ませんが、構造的にほぼ同一に見えるサスペンションの乗り味は全く別物の様相を呈しています。
RX-8はリアサスペンションのアンチリフト角を前下がり(より角度を付ける)にすることで、ピッチングセンターを後ろ寄りにし、リアの浮き上がりを抑えているのです。特に下り坂での強いブレーキングで、リアが必要以上にリフトすることなく落ち着いており、安心してステアリングを切っていくことができます。
これに対しNCECはブレーキング時にリアの浮き上がりが激しい傾向があります。
これによりある種の軽快感(ヒラヒラ感?)は得られますが、お尻のムズムズする落ち着きのなさに違和感を覚えるドライバーは少なくないと思います。
ニーレックスではこの結果を実証し、RX-8のリアサスペンションの志向性(アンチリフト化)をNCECに導入した「リアクロスメンバー改造」を必須とし、加えリアリンク10本、更にフロントサスペンションのアッパー&ロアアームと、RX-8用デフマウントの採用による完全RX-8化リフレッシュ メニューを提案します。
大半のNCECがリフレッシュ時期に突入しています。
当社では今まで何台もリフレッシュ作業を手掛けましたが、完全RX-8化メニューは性能的にも対費用効果も良く、お客様の満足度も群を抜いて高いです。
お客様の声として主なものは「ブレーキング時の姿勢が安定し、制動距離が短くなった」「雨の日も安心して走れる」「リアの追従性が上がり、トラクションがキッチリと掛かり押し出し感が違う」等、ノーマルの不安定な挙動は影を潜め、まさにRX-8のオープンカーに変身します。



前ページにもどる